「ほっ」と。キャンペーン

春の沖縄

b0089049_23231323.jpg


b0089049_2324424.jpg


昔の写真整理していたら行きたくなってしまった。
切符取ってしまおうかな。
[PR]
# by usubasiro2 | 2016-01-18 23:25 | 雑記

1月17日横浜南部

b0089049_16232620.jpg


この間ちょこっと書いたウラゴマのポイントに行ってきた。
昨年の5月に行ったきりであったが、入り口の上り坂から様子がおかしい。
木が伐採されやや暗かった林が明るくなっている。

もしやと思いポイントまで行くとこんな感じ。
整備されて市民の森になるそうです。

明るくなった林にはアカシジミやウラナミアカが増える傾向にあるが、若い林ではないのでいかに?と言う感じである。ウラゴマの食樹のあった場所は削られており確認もする気が起きませんでした。

b0089049_16335071.jpg


まぁ時期が来たらもう一回位は見に行ってみましょう。
[PR]
# by usubasiro2 | 2016-01-17 16:34 | デジタル撮影

展翅

b0089049_0111241.jpg


b0089049_0114368.jpg


b0089049_0125225.jpg


ここ数日黙々とやっています。
これは2013年の採集品。軟化展翅です。
触角も綺麗に整えられてるでしょ。

まだタッパーに昨年のアゲハが大量ですわ。
小型のアオスジアゲハ春型、アカボシ春型辺りを崩したいが・・・とりあえずマイコレ対象のウスバでお腹一杯。
[PR]
# by usubasiro2 | 2016-01-16 00:31 | 雑記

居そうで居ない(縁のない)蝶

b0089049_21551127.jpg

ホソバセセリ 山梨

b0089049_2251086.jpg

ミヤマセセリ 神奈川 相模原

最近地元三浦半島のローカル記録なるものを色々探索している。
前回のウラゴマに続き、今回は何種類か語らせていただこう。

セセリチョウではホソバセセリ、ミヤマセセリが古い記録で有り近年もミヤマセセリは鎌倉周辺で記録されている。鎌倉、横浜の境にポイントが有りそう。
ちなみに残念ながらギンイチモンジセセリは絶滅している。

アゲハではミヤマカラス、大磯方面には確実な発生地があるが三浦半島では近年発生はしている物の個体数は少ない。どうも放蝶由来が増えたのでは?とにらむ。今年はその姿をネットの中に見出したいものである。

シロチョウはツマグロキチョウ、確か1990年代の横浜市金沢区の採集記録が最後。近年相模原で記録されたがはたして?葉山町辺りに隠れた発生地がありそうだが・・・

最難関の希少種はシルビアシジミ。ミヤコグサは有るらしいが稀らしい。おそらく絶滅か?
再発見の勲章欲しさに記録の有った場所を探してみようかな。

ジャノメチョウは三浦半島にも居るらしいが、自分は三浦半島では見た事が無い。
クロコノマチョウは自分の探索はニアピンの様だったので、トラップ等を使い徹底的にやろうと思う。

コムラサキは近年記録が鎌倉等でポツポツある。スミナガシは鷹取山で記録が有るらしいが今は望み薄であろう。

今年は比較的難易度低めのジャノメチョウ・ミヤマカラスアゲハ、他に探す蝶の出ない時期のミヤマセセリ、ホソバセセリの記録探索。
クロコノマチョウはトラップを使うなど工夫をして自分だけの採集ポイントを見つけたい。
[PR]
# by usubasiro2 | 2016-01-14 23:21 | 雑記

謎の蝶 裏山のウラゴマダラシジミ

b0089049_22205872.jpg

横浜市金沢区産ウラゴマダラシジミ 2006年5月28日撮影

ここ最近採集にも出向かず、ブログの更新も滞ってしっまっている。
色々あるのです、色々。

さて題名どおり裏山のウラゴマダラシジミ。10年前に撮影したきりで、毎年足を運ぶが再発見も何も無い。食草のイボタも無いし・・・
って、ありましたがな。

b0089049_22164070.jpg

イボタで吸蜜するアサギマダラ 2008年6月1日撮影

この写真のアサギマダラはウラゴマを確認した同所で撮影された物。
確か近くにも同様なイボタが有ったはず・・・灯台下暗し、知識の少なさ確認不足はちょっと恥かしいが、発生木が有ると思われる証拠は掴んだ。(こう言った記録にも写真は役立つね)

週末辺り卵が無いか確認しに行くかね。
ちなみに裏山にはウラゴマ、アカ、ウラナミアカ、ミズイロオナガ、オオミドリが生息する。(ミズイロオナガのみ未確認)
[PR]
# by usubasiro2 | 2016-01-12 22:37 | 雑記

新年ですな

b0089049_10154082.jpg


今年も宜しく願いします。

年越しは横須賀にカウントダウンを見に行って来ました。
クソ寒い中一人2時間近い時間を三脚構え待つのはしんどいですね。

b0089049_10191913.jpg


b0089049_1019324.jpg


b0089049_10194985.jpg


b0089049_1020437.jpg


お陰で花火も撮影できたから、結果オーライと言うことで。
[PR]
# by usubasiro2 | 2016-01-01 10:21 | 雑記

年末ですがな

b0089049_16445285.jpg

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

共存と言うのは難しいですな。

中にはいい人も居ます。

書き込みいただいた方のいう部分も分る部分が有りますが、採集者が悪者、不都合な存在扱いなのがねぇ・・・知り合いの撮影屋の人は撮影後、採集者に個体を譲ったりと言うのが多いのですが、多くの撮影ブログを見受ける限りそういった優しさのある方は少ない。(その場では譲ってもブログで「撮影後、採集者が採集して悲しい」等不愉快な記事を書く)

気持ちよく譲れませんか?先に入っていればこっちは退散しますがあっちは「採集者の存在不快」「ゆっくり撮影出来ない」ですものねぇ。先客が居れば「出遅れた自分が悪い」と反省して転戦が当たり前、採集者の横でカメラ構えて撮影している自分としてはなんとも理解できない部分でもあります。

独り占めしたいなら人の来ないポイントを自分で開拓するするしかありませんな。こりゃあ採集者の方も同じ事いえますな。来年は自分も探索多目になりそうです。

自分は採集者のなっとらん部分も書いていますが、あちらは「採集者がわるい~」だけですもの。
保護云々なら自分の撮影出来る個体が少なくなるから採集者の事ばかり書くのでなく、撮影地での採集者・同業者の悪い部分を書いて注意を促したりするのも有名撮影ブログの出来る事でないの?コメント欄でネチネチ陰気臭く採集者叩きしとるんじゃないよ。

クマソ

ギフ

チョウアカ・マナー全般

もうちょっと仲良くやれませんかね?

保護に関しては自分の調べの至らぬ部分があったのでそこは申し訳なかったです。
また自分の目にする有名ブログが採集者叩きが非常に多く、コメント欄もそれ一色でしたのでそこのイメージのみで撮影者は酷いという感じの記事を書いていた事も反省いたします。
[PR]
# by usubasiro2 | 2015-12-31 17:11 | 雑記

保誤なんぞアホらし

b0089049_10262267.jpg

某所のギフチョウ 一時期ヒメギフも飛んだ産地。自然保誤によって純潔は消えた。学術価値の無いギフチョウ。

と言っても、この産地はその後の生息地保全自体はまぁまぁ行われていて、ギフチョウの飛ぶ里自体は守られている感じではある。初っ端の放蝶による遺伝子汚染が行われなきゃ満点ですな。一応町の天然記念物で採集禁止。定期的に食草のある辺りの草刈も行われているようね。

採集禁止で撮影屋がふんぞり返って歩くような地域で、山菜を踏み荒らす、車の路上駐車・カタクリを盗む現地に棲んでいる人々に迷惑をかける行為を平然と行って、ブログでは「ギフチョウと戯れました☆」なんていう辺り撮影屋のレベルが知れる。

採集をする人間は過去の分布・生息条件を元に新たなポイントを開拓し、発生地での食草の解明し採集の為に蝶を知ろうとするが、撮影屋の多くがそういった場所にハイエナの如く現れ「採集者がいて不快だ」と吐く。

そんなのの繰り返し、あげくは保誤である。
ただ綺麗・貴重・可愛そうだけではなく、もうちょっと蝶について知ろうとしてくれや。

関東では東京・神奈川の丹沢~多摩丘陵に広く分布していたが、宅地造成、山の手入れがされなくなった事等が原因で殆どの産地が消えた。かつては厚木市、町田市にも分布していたのだ。多分大多数の撮影屋は知らん事であろう。

石砂山でギフチョウを撮影している連中の思うギフチョウが減った理由も「採集者が採った」しか無いのかもな。

b0089049_1118629.jpg

そういえば最近「昆虫は写真で残す時代」とかほざいてる人たち居るけど、この写真の斑紋からどこのギフチョウか分ります?当然分りますよね^^

保誤から外れた話しになったが、実際のところ採集禁止になった場所って看板が立てられてお終いだよな。ボロボロ看板、荒れた生息環境、調子にのって説教垂れる連中。

正義を振り回して採集者の締め出しパトロールだけじゃなく環境の整備をしろ。そうしないと個体数は増えんぞ。

まともの活動してるのって群馬のヒメギフ、神奈川のギフ位?ヒョウモンモドキの保護も数年で終わり、ゴマはワレモコウを刈り取る草刈が素晴らしい成果を上げて絶滅状態。

今年から西会津のギフもキマルリも採集禁止だっけか?ブンブンギフチョウが飛びまわる環境にしてくれよな!!!
採集者締め出しても環境どうにかせんと蝶は増えんよ。まずは山の手入れですね!

見回りも、環境の保全も全部ひっくるめて機能して数が増えて初めて「保護している」事になるんですよ。
採集者の締め出しだけじゃ保護なんて言わんのですアホらしい。

[PR]
# by usubasiro2 | 2015-12-29 11:50 | 雑記

12月27日猿島

b0089049_16123883.jpg

猿島の発電所より

本日は猿島へ継続しているアサギマダラの幼虫の調査。
前回訪れた時から一ヶ月ほど経過しているので幼虫の成長も楽しみである。

船便も今年最後の日という事なので丁度良かった。

今回もゆっくりのんびりな採集行である。
スタンスとしてはシーズン中も大した変わらんなぁ・・・趣味なのでせわしないスケジュールではなく、あくまでものんびりだ。

過去に確認した場所は食痕を残し幼虫の姿は無く、帰りの船を待つ間に近くのキジョランの葉をひっくり返すと・・・

b0089049_16234881.jpg


「おりましたがな」


現在12時37分・・・もう、12時45分の船はどうでも良い!!やっと見つけたのだ。
船の事なんぞどこかに吹き飛んでひたすらシャッターを切る。

b0089049_1620319.jpg

更に近くの葉にももう一頭。こちらはやや小さい個体だ。

b0089049_16251425.jpg

カラフルで面白い。前回の幼虫がそのまま大きくなった様だが、恐らく別個体であろう。

b0089049_16261173.jpg

蛹の殻も二つほど発見したが、中身のある蛹は見ることが出来ず。

b0089049_16305631.jpg

13時30分十分堪能し、45分の船で引き上げるのであった。

今年のアサギマダラ探索はこれにて。
もう一発房総半島オオキンカメに行きたいなぁ・・・連敗中のタテジマでも良いけど。
[PR]
# by usubasiro2 | 2015-12-27 16:35 | デジタル撮影

来年は何を狙う?

b0089049_14255553.jpg
飛騨のギフチョウ良い本です。採集年日データが載っていないのがちょいと残念だが。

残すところ今年も数日。
そろそろ来年の目標でも。

・ウスバシロチョウ
本命は東北の黒いウスバ、白いウスバを狙う。
久々に関東郊外の低地のウスバ、羽化直後の真黄色な個体を探してみようと思う。

北海道産も探しにいけたら良いな。

・ヒメウスバシロ
北海道に行ければ良いががががが・・・

・ギフチョウ
上記の本に影響を受け色々行きたいね。
上越の大型の産地に行きたい。

・ベニヒカゲ
北海道狙い撃ち。利尻か宗谷岬か札幌か。

・クモベニ
本州か北海道行きたいですね。

地元のアサギマダラ調査、オオキン調査、神奈川・東京のスジボソヤマキチョウ、埼玉のウラジャノメ、関西のウラナミジャノメ、ヒラズゲンセイ、ウスバツバメ色々やりたい虫が多いのですが、蝶の目標を一つでも果たせればいいかなぁと思っています。

自分の場合一日同じポイントで腰を据えて、ひたすら好きな種類だけを採り続けるのが好きなタイプなので、時々自分は人と採集に行くのが向いていないなぁと思っております。なので今年は微妙に個人での採集行が増えました。同じ場所でアゲハを待って一日、一日カメムシ狙って同じ場所をうろうろ。泊まりで採集に行けば9時くらいまで茶でも飲んでゆっくり過ごすタイプなのでどうも集団行動が苦手である。

種類数を増やしたいのでは無く好きな種類の個体・変異・ラベルを増やしたいだけなので種数を増やすことにあまり興味が無いのかもしれません。

そんな自分ですが、事有る毎に採集に誘ってくれる友人には感謝である。
採集だけでなく飲み会や標本のやり取りも非常に楽しいです。

年が変わる前にもう一回採集に行って、今年の網納めとするかね。

[PR]
# by usubasiro2 | 2015-12-26 14:57 | 雑記