6月10日 鴨居周辺

b0089049_22351187.jpg

ベニシジミ GR-D F4 AE
後ろの電車は横浜線。

久々に土曜が出勤だった。この日はやや早めに家を出ていつもよりも30分ほど前に会社の最寄り駅に着いた。早く着きすぎたので道中写真を撮影しながら歩いて会社に向かった。ベニシジミも夏型に変わりやや地味な感じになっている。この蝶は綺麗な種だけに珍品だったらもっと人気が出るのでは?と思う。

b0089049_2238832.jpg

ベニシジミ GR-D F4 AE
やや引いた場所で、通勤電車を入れ朝の雰囲気を出してみた。

道中見られたのはベニシジミのみ他の種類は見かけなかった。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-06-10 22:40 | デジタル撮影

ソニーとパナソニック

ソニーがデジタル一眼レフを発表 その名もα100
・ソニー
ソニーのシステムは基本的にミノルタのシステムを継承するような形で、以前リリースされていたレンズがソニー名義になってまた売り出されるようだ。またソニーといったらツァイスレンズ今回HPでは3本のレンズが発表されており今後のレンズ発表が楽しみである。ミノルタの手ブレ補正だけではなくCCDのゴミ問題にもダストリダクションで対応、オーバー1000万画素にもかかわらず秒間3コマの無限連射など以前のαシリーズに無かった機能も充実これで10万前後。信じられない話である。
個人的にはゾナー135㎜F1.8が気になります。F1.8の開放値で最短72㎝の最短撮影距離はかなり良い感じです。中古のαー9買ってゾナー135㎜買おうかなぁ。

・パナソニック
フォーサイズに新規で参入。こちらはソニーと違って昔のシステムは全くなし。賛同しているライカと提携して新レンズを発表。28㎜~108㎜相当のレンズで手ブレ補正を搭載。開放値もF2.8-F3.5と明るめのレンズ。またオリンパスのEシリーズと同一企画なのでオリンパス製のレンズも使用可能。E-330にも搭載されたのライブビューも搭載。見かけもマニュアル機のようで面白そうなカメラである。

どちらも同じ時期に発売良いライバルになりそうである。

多分どちらも買わずにαー9とゾナー135㎜を買っていると思います。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-06-07 21:30 | 機材関連

6月4日 その他の蝶

b0089049_23504373.jpg

キタテハ F100 シグマ15㎜ 魚眼 F10 AE ベルビア100

アカボシの撮影の際他にも初夏の蝶が見られた。夏型のキタテハやツマグロヒョウモンなどやっと賑やかになってきた。

b0089049_23525320.jpg

ツマグロヒョウモン F100 シグマ15㎜ 魚眼 F10 AE ベルビア100

b0089049_23535257.jpg

ツマグロヒョウモン GR-D F4 AE

b0089049_23542080.jpg

ベニシジミ F100 トキナー90㎜ F4 AE ベルビア100 (ISO64で撮影) 

b0089049_23552257.jpg

モンシロチョウの求愛 F100 シグマ15㎜ 魚眼 F10 1/250 ストロボ べルビア100 

ベニシジミのみ前日撮影。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-06-05 23:57 | フィルム撮影

今年の目標 第二弾 アカボシゴマダラ

b0089049_19591210.jpg
アカボシゴマダラの飛翔 ニコンF100 シグマ15㎜魚眼 1/250 F10 ストロボ ベルビア100

昨日の予告どおりアカボシゴマダラです。皆さんも撮り慣れていると思いますので普通の写真では満足してもらえなそう。そこでこの日はシグマ魚眼のみで撮影しました。中々チャンスの少ない蝶ですが近づけばそれなりに撮影できます。飛び方も結構ゆったりと飛ぶので、追いやすく撮影しやすい種類といえましょう。

b0089049_19592873.jpg

アカボシゴマダラ ニコンF100 シグマ15㎜魚眼 F10 AE ベルビア100
b0089049_19594337.jpg

アカボシゴマダラの飛翔 ニコンF100 シグマ15㎜魚眼 1/250 F10 ストロボ ベルビア100
b0089049_19595425.jpg

アカボシゴマダラの飛翔 ニコンF100 シグマ15㎜魚眼 1/250 F10 ストロボ ベルビア100

最近はデジタルで撮影する事が少なくなってきました。5月から続いているフィルムで撮りたい病が酷く、失敗しようがフィルムで撮りたいと思うようになりました。この日は4本ほど撮影してフィルムが尽きたのでもってきたGR-Dでも撮影。なんと産卵に立ち会えました。

b0089049_2091026.jpg

アカボシゴマダラの産卵 GR-D F4 AE
b0089049_2093412.jpg

アカボシゴマダラの産卵 GR-D F4 AE

結構凝った写真が撮影できたので満足です。

次回は「クモマツマキは雪渓を舞う」が掲載出来たらなんて思っています。情報ありましたらお願いします。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-06-04 20:11 | フィルム撮影

ニコンD2Xs

改良点が地味過ぎるような気が・・・・
というわけでD2Xsです。D2Hsみたいに小改良しか行われていないような感じがします。

地味ながらまじめな改良ですが、もう少し目玉となるような改良が欲しいですね。例えばボディ内手ブレ補正やノーマルでの秒/コマ連射の増加とか。

そろそろD3Hが出ないでしょうか?
・800万画素
・秒間10コマ最高50コマまで連射可能
・ISO50~ISO3200
・ファインダー倍率の向上
・ストロボ1/500でシンクロ

ついでにフルサイズ機D3
・フルサイズ
・1600万画素
・ISO50~ISO3200
・バッテリーグリップ取り外し可能
・秒間6コマ
・シンクロ1/500

こんなカメラだったらいいのになぁ、なんて思います。

D3HとD3は自分の想像です。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-06-04 01:09 | 機材関連

私のカメラ 第四回 ニコンF100

実は今日近所のアカボシゴマダラの春型の撮影に行ってきました。高いところを飛んでいて時々畑に降りてくる時がチャンスです。まぁ、そのチャンス自体が少ないので数カットしか撮影できませんでしたが。現像に出しにいけなかったので、明日以降うまく撮れていたら公開したいと思います。他にも数ポイント近所にありますが低いところに降りてくるのはここか裏山位で中々機会がありません。

せめて望遠レンズがあればと思う日々が続いています。シグマの150㎜かニコンの300㎜F4の購入を考えています。使用している方が居ましたら使用感など教えてください。購入の参考にしたいと思います。

b0089049_21554954.jpg

ニコンF100+トキナー90㎜F2.5 GR-D F4 AE ストロボ 

さて第四回はニコンF100です。
初めて購入したカメラというのが冨士の一眼タイプデジカメでした。就職活動中の身で採集に行けなかった自分を紛らわせるために購入したのだが撮影してみると以外に面白い。パソコンの画面で見てみると近所の身近な種類でも新しい発見があり撮影の魅力にはまっていった。その頃にはもっと撮影を上手くなりたくてカメラ雑誌や撮影技術の本を読み漁った。撮影していくうちにこのカメラの能力の限界を知り一眼レフカメラが欲しくなった。

その頃のデジ一と言ったらニコンはD100が現役キャノンは10Dが現役の頃でまだE-1は出ていなかったような気がする。当時の自分にはこの価格のデジ一はかなり大きな出費で貯金も足りなかった。

だが同じ売り場にあったニコンF100を触ってみてビックリした。グリップの感触、同じ一眼とは思えないファインダーの良さ、そしてシャッター音その魅力に圧倒されデジ一の事など忘れこのカメラが欲しくなった。まぁ、それでも貯金が足りず買えなかったので就職までの期間かなり焦らされる思いをした。

就職して一ヵ月後初給料が出た。その週の週末早速カメラ屋に向かった。その日の帰りにはF100とタムロン90㎜が袋に入っていた。

嬉しくて何度も空シャッターを切ったけ・・・・

さて実際の撮影はネガフィルムで撮影した確か冨士のISO400のやつ。露出の知識もピント合わせの技術も無いのに色々やったものである。その頃のカットがこれ。
b0089049_22433767.jpg

ベニシジミの飛翔 F100 タムロン90㎜ F5.6 AE フジISO400
その後リバーサルフィルムの存在を知った。初めて買ったのがトレビ100。発色が鮮やかじゃないのであまり好きになれなかった。カメラ雑誌の裏表紙に「超極彩」キャッチコピーのベルビア100というフィルムを見つけ購入して撮影してみると、その鮮やかさに息を呑んだ。それからというものベルビア100は自分の常用フィルムとなっている。
b0089049_23142954.jpg

ウラナミシジミ F100 タムロン90㎜ F4 AE ベルビア100
b0089049_23151043.jpg

ウラナミシジミ F100 タムロン90㎜ F4 AE ベルビア100
初期の写真この二点はかなり気に入っている。
一眼レフの魅力といったら、そのシステムの幅広さ自分向きのカメラにシステムを組む事が出来る。海野和男さんの広角レンズ+ストロボの飛翔写真に憧れみようみまねで飛翔写真も撮影し始めた。しかしながらその撮影はかなり難しい。撮影は失敗の連続で、色々試すうちにやっと撮影条件が分かり始めた。中々難しい撮影だが、成功した時の喜びは倍である。
b0089049_23201166.jpg

モンキアゲハの飛翔 F100 シグマ28㎜F1.8 F11 1/60 ストロボ ベルビア100
飛翔写真は日向で撮影する場合シンクロ速度が速いほうが良いシンクロが1/250のF100はその点でも優れたカメラである。

最近F3からF100の使用に戻ったが、ここのところF100の不調が続きAEでは一段アンダーにフィルム感知がなぜかISO1600にと電気制御カメラの欠点が出ている感じだ。

ただそんな点差し引いても一番愛着があるカメラである。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-06-03 23:43 | 機材関連

5月28日 大道周辺

b0089049_16541258.jpg

ウラゴマダラシジミ GR-D F4 AE 
この場所で初めてウラゴマダラを目撃した。他にアカシジミを採集した事が有るので裏山のゼフは2種類になった。

休日はありがたいのだが雨だと憂鬱になる。5月初旬から仕事がある月~金までは天気の良い日もあり会社を休んで撮影に行きたいと思いながら、それも出来ず会社に行く日々が続き休日は必ず天気が悪く鬱憤はたまる一方。仕事にも集中できない日々が続いている。(単に仕事が出来ない言い訳か?)

一度でもいいから平日に数日間気兼ねなく撮影に行きたいものである。まぁ社会人なので無理なのは仕方が無いが・・・

b0089049_174322.jpg

ヒメウラナミジャノメ GR-D F4 AE

さて今日も午後からの晴。裏山に行ってみる事にした。アカボシは木の高いところを飛んでいて撮影できず近くにいる蝶のみの撮影に終わった。

今年は例年に比べ5月の日照時間が非常に少ないようである。皆様には数少ないチャンスを生かし色々な撮影にチャレンジしてもらいたいものである。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-05-28 17:07 | デジタル撮影

私のカメラ 第三回 リコーGR-D

b0089049_4173463.jpg

GR-D  GX-8 F8 AE ストロボ
基本撮影スタイルはこの状態。ワイコンもつけることがあるが、ポケットに忍ばせることが多いので殆どつける機会が無い。

第三回はGR-D。私の昆虫撮影に一石を投じたカメラGX-8の上位のような位置付け。リコーには銀塩時代GRシリーズという名機がありコンパクトカメラながら写りの良い短焦点28㎜の広角レンズを搭載したモデルがあった。その写りはプロにも高く評価されライカマウントでレンズのみを売り出したくらいである。私自身撮影には短焦点しか使わないのでこういった広角専用モデルは嬉しい。カメラのきむら横浜店で新品を購入した。

コンデジのアスペクト比なじめなかった自分だが、GR-Dには銀塩同様のアスペクト比で撮影できるモードがあるのでいつもそれで撮影している。こういった気配りも嬉しい。

b0089049_429690.jpg

ベニシジミ GR-D F5.6 AE
これは以前GRブログで取り上げていただいた写真。最短付近まで近づきノーファインダーで構図。逆光気味の光源の中AEで撮影したのだがうまい具合の露出である。露出が良い具合だから安心して構図のみに集中できるのも良い点だ。

リコーのデジカメはそのマクロ性能に定評がある。モチロンGR-Dにも継承されており写りの良いレンズにすばらしいマクロ性能、自分の昆虫スナップには欠かせないカメラである。

b0089049_4385719.jpg

キタテハ GR-D F8 AE
購入した週末に撮影。キタテハと菊の構図が好きな一枚。

b0089049_4345491.jpg

ミツバチの飛翔 GR-D F8 1/500 内蔵ストロボ
難しいことを考えず気軽にミツバチの飛翔も撮影可能である。かなり自然な感じで調光してくれる。

ストロボは全速同調するようで1/1000で使用しミツバチの翅を完全に止めた写真も撮影したことがある。

自分はjpeg派なのでRAWで撮影しないがためしに撮影したところ書き込みがかなり遅いのでRAWで撮影する際は早いカードを使った方がいいかもしれない。露出もWBもかなり正確なのでjpegで撮影してしまうのも手である。

昆虫撮影好きながらカメラも好きで、こういった高級機持つ喜びもあり持っているだけでも楽しい。

参考程度に
GR-D自体の個人的なレビューはここにあります
GX-8との比較はこちら
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-05-28 05:00 | 機材関連

K再来

ペンタックスがついに手ブレ補正を搭載した一眼レフカメラを発表。

その名もK100D。

M42マウントのSシリーズからKマウントへの移行その際に発売されたのがKシリーズだった。デジタル時代に入り再びKシリーズが再来したのである。

なんと言っても目玉は手ブレ補正。説明にはこう書かれている。

シャープな画像が得られる独自の手ぶれ補正機構

望遠レンズ使用時や、ストロボOFF撮影、夕暮れ時の風景など、手ぶれを起こしやすい撮影条件でも、ぶれを抑えたシャープな画像が得られる独自の手ぶれ補正機構 ”SR ( Shake Reduction )” を搭載しています。
本製品で採用した SR は、手ぶれ量に応じて本体内で撮像素子部を水平・垂直方向に磁力で高速駆動させることで手ぶれを効果的に軽減する方式です。手ぶれ補正専用レンズなどは必要とせず、従来からの各種ペンタックス交換レンズ 注1 も活用できる機構となっています。

注1
装着可能レンズは、KAF、 KAF2マウントレンズ、およびアダプター使用によりスクリューマウントレンズ、645用・67用レンズです。レンズにより一部使用できない機能があります。

ミノルタの手ブレ補正は電気接点を持ったAFレンズしか使用できなかったのに対しマウントアダプターに対しても補正が使用できる。これは凄い事である。以前も書いたがこういった心使いにペンタックスの良心を感じる。

このK100Dに搭載の手ブレ補正は秋ごろ発売の高級機「KX?」に搭載される事が間違いないと予想される。こうなるとZ-1並みのスペックのデジタルが出るような気がして楽しみでならない。レンズも面白いレンズが多いので秋頃に発売される高級機に期待が深まる。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-05-25 21:46 | 機材関連

F100の不調~再来~

昨年はマニュアルのマクロレンズ使用時の不都合に気付かない自分のミスだったが、今回は完全にカメラの不調。

MFの練習を欠かさない自分は時々電源を入れフォーカスエイドで自分のMF精度が正確か見ているのだが・・・

ん?シャッター速度が異常に速い。

この室内でISO100なら絞りF4だと1/5位のシャッターを表示するはずなのに、今は1/60を表示している。何かおかしいと思いISO感度の設定を見てみると・・・・

b0089049_2254251.jpg

あれ?ISO1600?

私の常用フィルムはベルビア100。当然感度はISO100。最近のカメラは便利なものでDXコードを読み感度をカメラがセットしてくれるハズなのだが・・・・

何でベルビア100入れてるのにDXコードでISO1600表示してるんじゃァ!!

言うまでも無く故障だと思います。

仕方ないので週末は銀座ニコンに持ち込みだと思います。

そしてF3が現場復帰です。

D2Hは優等生過ぎて使う気になれません。
[PR]
# by usubasiro2 | 2006-05-24 22:16 | 機材関連