<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カラスアゲハのすゝめ

b0089049_21441425.jpg

カラスアゲハ 北海道7月採集の春型

少しばかり最近はまっている蝶の話しでも書こう。
個人的な好みとしてはギフチョウ、ウスバシロチョウ、ベニヒカゲなのだが、ここ数年で熱いのがカラスアゲハ。
多くの愛好家の憧れは近縁種のミヤマカラスだろうが自分は断然カラスである。

なんと言っても素晴らしいのは産地による個体変異。
本土亜種でさえ北海道、本州低地、九州で色々違うし東京都の三宅、八丈等は八丈亜種、奄美・沖縄亜種、八重山亜種、時々八重山で採集できる台湾亜種、愛好家憧れのトカラ亜種など素晴らしい異変の数々である。

b0089049_22171290.jpg

カラスアゲハ♂ 春型 神奈川県逗子市 高校生の頃の採集品。当時こんな美しい蝶が身近に居るのか?と思った。

b0089049_223138.jpg

カラスアゲハ♀ 八丈島 飼育品 いわゆるスケカラス 鱗粉が褪色している

b0089049_2244315.jpg

トカラカラスアゲハ♀ 飼育品 前翅の乳白色が素晴らしい。

b0089049_21502552.jpg

カラスアゲハ♀ 奄美大島春型 いわゆる赤いカラスアゲハ
T山さんお土産よろしくお願いします ^ ^

b0089049_2265174.jpg

カラスアゲハ♂ 沖縄本島 一番初めの北海道産の♂と見比べて欲しい。

簡単な写真を並べただけでも随分違うのを感じていただけただろうか?
ウスバの渋い異変も良いが、こう言った異変を並べて見比べるのも非常に楽しい。

標本も飼育が盛んで八丈、トカラ、奄美と各亜種が安価で即売会等で売りに出ている。
異変を集める収集の楽しみもあるし、非常に敏捷な動きで野外採集でのハンティングの楽しみもある。

身近かつ非常に楽しめる蝶。
今年はどういった個体と出会えるか楽しみである。
[PR]
by usubasiro2 | 2015-02-24 22:29 | 雑記

ヒメギフチョウ

b0089049_12582446.jpg

各産地のヒメギフチョウ
各産地二頭ずつ配置、ブログをごらんの皆さん産地が分るだろうか?

多くの愛好家が春はギフチョウを追われると思うが、ヒメギフチョウも捨てがたい。
ギフに比べてやや小型で異変も少ない印象であるが、良く見ると異変が有り面白い蝶である。

自分が初めて採集したのは多分今は絶滅したであろう中央線周辺の産地。
高校生の頃である。

人気の無い駅を降りて手書きの地図を見ながら環境を見て、こんな所に居るのか?と戸惑う。
枯葉の絨毯の林道を歩きながら、もしかしたら居ないのでは?不安になる。
そんなマイナスな気分を吹き飛ばしたのは一頭の黄色い蝶。

「ヒメギフ!!」

採集したことのある人は分ると思うが、いやらしい動きをするのだ。
緊張でギクシャクな自分のネットを尽くかわし逃げるヒメギフ。

と、おもむろに笹に止まる。

もう心臓はバクバク、ネットを振る手も力が入りっぱなしだ。
力いっぱいネットを振り中を見るとヒメギフが入っていました。
蝶を手に取る時も手が震えっぱなし、何度も三角ケースの中のヒメギフを見た。
この日は計2♀採集できた。

その後の再会は混生地白馬村。

b0089049_1332781.jpg


b0089049_13234634.jpg

ヒメギフチョウ 白馬村
この日はギフのイエローバンドの撮影も出来た。

今年はこの蝶に再び会えたらともっている。
[PR]
by usubasiro2 | 2015-02-14 13:27 | 雑記

TG-3で遊ぶ その2

TG-3の野外撮影はまだシーズン前と言うことも有り被写体不足が否めない。
そこで手持ちの標本を撮影してみる事にした。

b0089049_1440026.jpg

メスアカミドリシジミ TG-3 顕微鏡モード 広角端

以前の飲み会にてやまちゃんより頂いたメスアカミドリシジミを撮影、バックが簡素になってしまったがテスト撮影の一環なのでお許しを。

b0089049_14463128.jpg

更にズーミング、光学ズームの望遠まで。 TG-3 顕微鏡モード 望遠端

b0089049_14473765.jpg

更に更にズーミング。 TG-3 顕微鏡モード 超解像ズーム

注目していただきたいのは翅の縁の毛である。
前翅下部からぱやぱやと生えている毛もしっかり写しこんでいる。
一眼の撮影だと結構苦労する撮影なのだが、手持ちのミニ三脚に固定しただけで、ここまで美しい写真が撮影できる。

b0089049_1455577.jpg

もっと拡大できるのでは?と思い更に接近して撮影。 TG-3 顕微鏡モード 超解像ズーム
翅脈の周りはやや鱗粉が少なく感じる。

b0089049_14565846.jpg

メスアカミドリシジミ頭部 TG-3 顕微鏡モード 深度合成
このカメラの売りの一つでもある深度合成、ピントをずらして何枚も撮影しカメラ内で合成して出力するモードで、手持ちで撮影したのだがかなり良く撮れていると思う。

通常の一眼レフでも甲虫等の立体的な昆虫を撮影するのに近年も取り入れられている撮影方法だが、一眼の場合はカメラを固定しやや大げさなイメージがあるが、このカメラだと手持ちでもそこそこな写真が撮影出来るのだ。

やや駆け足ではあるがTG-3での標本写真撮影レポートでした。
恐ろしいくらい細部まで撮影出来るカメラなので、今まで何てことなしに見ていた昆虫もこのカメラを通して撮影したら新しい発見がるのでは?と思わせられ使っていて非常にワクワクするカメラである。
(モード変更でISO感度などがリセットされるとか、ストロボモードの選択が不便等の不満もあるが、簡単に綺麗に昆虫が撮影出来るカメラには違いない)
[PR]
by usubasiro2 | 2015-02-07 15:09 | デジタル撮影

【横須賀】1月31日ヴェルニー公園【軍港】

b0089049_1112899.jpg

護衛艦ひゅうが

b0089049_1154921.jpg

護衛艦ひゅうが

1月最後の今日は横須賀へぶらり。
先週はTG-3での撮影だったで今日はD4で撮影へ。
天気が良いが、風が非常に強く身を切るような寒さだ。

今日は25mm、105mm、200mmの3本を持っていったが、思いの外距離が近く殆ど105mmで事足りた。

b0089049_1563370.jpg

おやしお型潜水艦 排水行動なのだろうか?

b0089049_157080.jpg

護衛艦たかなみ(前)おおなみ(後)

b0089049_1575216.jpg

ミサイル駆逐艦 フィッツジェラルド

b0089049_23530.jpg


護衛艦いかづち

やはり外に出てシャッターを切るのは楽しい!
虫が居ないシーズンは被写体に困るが、最近艦船の写真も面白いなぁと思う今日この頃なのでした。
[PR]
by usubasiro2 | 2015-02-01 02:02 | デジタル撮影