<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

GW撮影行シリーズ第二戦~GR-1sで藤を撮る+α~

b0089049_1115069.jpg

藤 GR-1s F8 AE -1補正 内蔵ストロボ ベルビア100
昨日の続き。実はGR-1sを持っていっていたのでそれでも撮影している。個人的には好きなアングルなのだがフジを見上げるように撮影してみた。まだ満開まで行っていないので少しまとまりの無い写真になってしまった。

b0089049_113790.jpg

ツツジ GR-1s F8 AE -1補正 内蔵ストロボ ベルビア100
時期が早いタイプのツツジが主だったので、もう花は終わりかけだった。少し多めに残っていたツツジに近づき撮影。空の色を出したかったので日中シンクロ。絞込みマイナス補正をかけたのだが、そこまで空の色が出なかった。

此処から別の日に撮影
b0089049_1381742.jpg

タンポポ F100 エルマー65㎜ F5.6 AE ベルビア
前回のヒメギフ撮影(失敗)の際撮影。

b0089049_1404838.jpg

秋田の空 GR-1s AE ベルビア100
帰りの日少し時間が出来たので空を撮影した。撮影ポジを見ると必ず一枚は空が写っているくらい空を撮るのが好きだ。

b0089049_144357.jpg

ネコ GR-1s AE ベルビア100

b0089049_1484484.jpg

ネコ GR-1s AE ベルビア100

b0089049_1492063.jpg

金沢八景の踏切 GR-1s AE ベルビア100

今年は昆虫だけでなく空の写真にも力を入れられたらと思っている。

追記
実はGXー100の購入をやめた。E-410も欲しかったのだがそれもやめた。どうしてもハッセルのSWC(スーパーワイド)ビオゴン38㎜ F4.5が欲しくなったからだ。ゼフィルスの本格的シーズン入りまでには導入したいのでSW貯金を始めました。
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-30 01:51 | フィルム撮影

GW撮影行シリーズ第二戦~ツツジとアゲハ~

b0089049_1347190.jpg

フジ D2H トキナー100㎜ F4.5 AE +0.3補正

b0089049_13502567.jpg

フジ D2H トキナー100㎜ F4.5 AE +0.3補正

今日は葉山にツツジの名所があるという事でそこに行ってみた。京浜急行新逗子駅からバスに乗り葉山小学校前で下車。ちょっと歩いたところにある公園である。しかし残念なことにツツジは終わりかけアゲハの姿も早すぎるのか見られず近くの藤棚の撮影のみとなった。

フジの房に近づき出来るだけ背景の遠距離にフジがある場所を選んで二通り撮影してみた。ほぼ開放付近での撮影なのでバックのフジは円形にボケる。

b0089049_13482964.jpg

コアオハナムグリの飛翔 D2H シグマ15㎜魚眼 F14 1/250 ストロボ
大型のハチかと思ったらコアオハナムグリ。飛翔写真の組み合わせで近づき、とっさに撮影。

b0089049_13495122.jpg

ベニシジミ D2H トキナー100㎜ F4.5 AE
唯一撮影した蝶がベニシジミ。こいつは何処にでもいるけど好きな蝶だ。

二日続いて悪い結果だとこちらのテンションも下がってしまう・・・・・・・・orz
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-29 14:05 | デジタル撮影

GW撮影行シリーズ開幕戦~ヒメギフチョウ~

b0089049_1963510.jpg

青柳駅前の桜 GR-D F4 AE

b0089049_1971533.jpg

サクラ GR-D F4 AE +0.7補正

b0089049_197557.jpg

タンポポ GR-D F8 AE

勝沼から雨。甲府で日が出始める。小淵沢で再びお天気雨。青柳で雨。帰ろうと思ったときに晴れ始めたので林道を一時間ほど歩いてみるが姿が見られず・・・・・

多分もう居なくなった産地なのかもしれません・・・・・・・

初めて行った時が高校生。
某蝶好きが集まるバーの店長K澤氏から手書きのポイントマップを頂き、それを片手に地図と見合わせながらポイントへ向かった。しばらく林道を歩くと開けた場所があり、そこを飛ぶ小型の黄色の蝶がいた。しばらく飛んで笹の上に止まったそれはまさしくヒメギフだった。興奮のあまり手が震えてしまい、まともにネットが振れなかったが、何とか採集した。

緊張のあまり、胸を押さえるときに力が入りすぎてしまいそうになった。三角紙に入ったヒメギフを何度も取り出してみったけ・・・・・・・

あの時ネットを振って味わった興奮をカメラで再びと思ったのですが・・・・・。
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-28 19:27 | デジタル撮影

4月15日 茅野市

b0089049_23553581.jpg

ミヤマセセリ F100 トキナー100㎜ F8 AE ベルビア100

b0089049_23564965.jpg

サクラ F100 トキナー100㎜ F8 AE +0.7補正 ベルビア100 

青柳付近で撮影。ミヤマセセリの鮮度は完品からボロまで多種多様。サクラは殆ど咲いていなかった。まだ一週間早い感じ。

今日は茅野まで違うルートで行くことにしたのだが、そこでフクジュソウを見つける。今度はフィルムをISO50のベルビアに変え撮影。ベルビア100の色も好きだがベルビアの色も癖になりそうな色だ。

b0089049_23575526.jpg

フクジュソウ F100 シグマ15㎜魚眼 F11 AE ベルビア

b0089049_2359344.jpg

フクジュソウ F100 エルマー65㎜ F5.6 AE ベルビア +0.3補正 (ISO25で撮影)
F100にMFレンズ使用の際は一段オーバーにISO感度を決め。その出目を基準に補正すると失敗が無い。

Iベルビアの油彩のようなコッテリとした色がかなり気に入ってしまい買い足しそうです。
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-17 00:35 | フィルム撮影

ヒメギフ@これがオニハマリというやつか

さて行ってきたのは良いのですが・・・・

9時過ぎにポイント着2時間ほど周辺をうろつくが全く姿が見られずorz

スギタニルリ・ヒオシチョウ・キタテハ(以上三種は目撃のみ)ミヤマセセリ(撮影)。時々現れるスジグロシロチョウに驚かされるくらいで肝心のヒメギフの姿は見られませんでした。もしかしたら目に見えぬ環境が変化して居なくなったのかも知れません。

結局青柳~茅野の間を歩いて終わり。

近場ならともかく、こんな辺鄙な場所で一回悪い状況になると続けて悪いことが続いてしまいかなり凹みます。

これから行かれる皆様へ
花の状況
・甲府盆地
桜 満開
梅 末期
桃 そろそろ終わり

・韮崎~長坂
桜 満開
梅 終わり
桃 そろそろ終わり

・青柳~茅野周辺
桜 咲き始め
梅 そろそろ終わりか・・・・
フキノトウ 咲き始めがまだ残っていました。

来週が良さそうです。行きたいけど新潟のギフ(カタクリと一緒)も撮影したいし困り物です。まぁ気分しだいですね。特に考えずに、その時行きたいと思ったところに行くのが後悔しない考えだと思うので。

写真がないと何か味気ないので1日に撮影した石砂山の蝶の写真でも。

b0089049_18501443.jpg

ヒオドシチョウ F100 トキナー100㎜ F4.5 AE ベルビア100

b0089049_1963352.jpg

テングチョウ F100 トキナー100㎜ F4.5 AE ベルビア100

b0089049_1972315.jpg

ギフチョウ F100 トキナー100㎜ F4.5 AE ベルビア100
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-15 19:11 | フィルム撮影

4月14日 大道周辺

b0089049_1651217.jpg

ベニシジミ D2H アベノン100㎜ F4.5 AE ISO200

b0089049_166193.jpg

ベニシジミ D2H エルマー65㎜ F5.6 AE ISO200

b0089049_1664385.jpg

シロツメクサ D2H アベノン100㎜ F4 AE ISO200

今日はまさにヒメギフ日和といった感じだったのですが

・・・・・・すいません体調崩しました。

午後になってだいぶ回復したので近場で撮影。

風が強く撮影しにくい。

エルマー65㎜・アベノン100㎜で撮影してみた。

古いレンズながらも優秀なレンズで最近のレンズと比べても遜色ないと思う。

明日天気良かったらヒメギフリベンジです。
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-14 16:18 | デジタル撮影

4月8日 茅野市

b0089049_21581932.jpg

スギタニルリシジミ F100 トキナー100㎜ F4.5 AE +0.3補正 ベルビア100

b0089049_21595538.jpg

イトトンボの一種 F100 トキナー100㎜ F5.6 AE +0.7 補正 ベルビア100

一枚目ですが、ルリに比べ暗い灰色の翅といいスギタニに違いないと思います。2つ目のポイントでもう諦めかけていた時に飛んでいるのを見つけ撮影。この日唯一の蝶撮影となった。

成果がこんなんだったら、高尾の木下沢でスギタニ専門に狙った方が良かったかもしれないと撮影が終わった後に悔やむ。

今年の勇み足撮影行は失敗続きでこれからのシーズンもこんなだと思うと気分が重い。
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-10 22:06 | フィルム撮影

ヒメギフwwww

b0089049_19401229.jpg

富士見の某低地ポイント(白州町近くのポイントではありません) GR-D AE
ヒメギフ有りなんて看板が立ってそうでしょ。けど・・・・・・

b0089049_19422631.jpg

茅野市の某ポイント GR-D AE
此処も良い感じなんだが・・・・・・

白馬でヒメギフ初見の記事に撮影意欲を刺激され、白馬よりも低地の富士見と茅野市の某ポイントに行って来ました。

今日行った場所も発生が早く4月10日前後には姿が見られるそうです。初めのポイントには9時過ぎに到着11時位まで斜面などを丹念に探すも姿が見られず。ミヤマセセリ・コツバメの姿が見られた。

第二ポイントも越冬明けのヤマキ♀とエルタテハ、発生初期のスギタニルリが見られただけで姿は無し。

撮影機材
・ニコンF100
トキナー100㎜
エルマー65㎜
シグマ15㎜
外付けストロボ
・ペンタックス645
120㎜マクロ
・GR-D

中判も一緒に持っていきました。以外に持っていけるものです。今度は65㎜外して645用の35㎜もっていこうかなぁ。

スギタニは撮影できたのですが、ポジが上がるのが遅かったので今日は回収せず明日掲載予定です。
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-08 19:54 | デジタル撮影

私的飛翔写真撮影法

b0089049_2243792.jpg

F100飛翔写真撮影状態 15㎜魚眼+ストロボ(ティッシュがデフェイザー)
蝶を撮影し始めて早4年近くになる。

最近は生意気にも自分の目指す写真と言うものが出来た。それが蝶の飛翔。

飛翔への憧れを抱いたのは海野和男氏の写真集「蝶の飛ぶ風景」で見たモンキアゲハの飛翔だった。抜ける様な青空、熱帯の植物達、そして中央のモンキアゲハ。あの鮮烈なイメージは未だに自分の作風に影響している。巻末の解説部分はずいぶん撮影露出の参考にした。

・ピーカンで F11 1/250 ストロボ
・15㎜~20㎜位の広角レンズの使用
・ストロボは1/4発光でデフェイザーを付ける
・置きピンで25cm

などなど、写真初級者の自分はその意味もわからず、とにかくその条件で撮ればあんな写真が撮れる。そう信じてシャッターを切り続けた。

それを暗い林の中で行ったところ36枚撮りのフィルムがすべて真っ黒になって帰ってきた。暗いところではシャッター速度を遅くしなくてはいけないことが分かった。そうしたら偶然にもモンキアゲハが上手く撮れ、さらに自分の飛翔熱が上がった。

その後はずいぶん写真関連の書物を読んで勉強した。

最近の飛翔写真の条件だが
ピーカンの場合
・シャッター速度1/250(シンクロ最高速度1/500の場合は1/500を)
・絞りF11
・15㎜魚眼で置きピン20cm~25cm
・ストロボ1/4発光 ディフェイザー
・ノーファインダーで蝶に近づきとっさにシャッターを切る。

で撮影している。青空をバックに撮影すると蝶は適正露出、バックの青空は1段アンダーで青さが強調され蝶が浮き上がるような写真が撮れる。

数日前に掲載したギフチョウも同じ露出で撮影した。あの飛翔はまさにイメージ通りで、蝶は適正バックはアンダー、抜けるような青空、今年シーズン初めからこんな良いのが撮れて良いのか?なんて思うくらいだった。

それにしても山頂でファインダーも覗かずギフがカメラの横を通り過ぎるたびにシャッターを切り日中にストロボを焚いている自分は、周りの撮影者にはかなり変に写ったに違いない。

どこかの山でF100片手にそんな撮影の仕方をしているのは、たぶん自分です。
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-07 03:54 | 機材関連

ギフチョウ

b0089049_21392757.jpg

ギフチョウ F100 トキナー100㎜ F4.5 AE ベルビア100

さてエイプリルフールの嘘つきでは有りません。今回はちゃんと撮影に行ってきました。ギフもしっかり抑えてますよ。

前日ひどく迷いました。

フィルムにしようかデジタルにしようか。

結局デジタルで行くことに決め一式をバックにつめ床に就いたのですが・・・・・

やはりと言うかフィルムで撮りたい病が再発バックの中身はフィルム一式に変更。

相模湖駅は天気がよく気温が高いがやや風が強め。

ピクニックランドから篠原に行くのは2回目。藤野からの歩きに比べれば大したことが無い。

篠原の集落は梅が咲き終わり、桜が咲き始め。親子連れの撮影者に挨拶したところ霧島緑さんでした。ポイントを教えてもらいつつ、同行させていただくことになった。案内していただいたポイントは非常に良い場所で適度な間隔でギフが飛んでくる。しかし非常に吸蜜時間が短くシャッターチャンスが少ない。しばらくしてまた山麓に戻り今度は部落に来るギフを狙うことに。しばらく撮影してやっとましな写真が撮れた・・・・と思ったら現像があがったポジを見てorz。ここで霧島緑さんとは別れ山頂を目指すことに。

あの登りは非常に辛いがギフが撮影できると思えば・・・・・やはり辛い。

山頂近くでキャノンのサンヨンを付けた方が居ると思ったら挨拶してみると叢雲さんでした。山頂にはやはり個体数が多いと言う情報を頂き、いざ山頂へ。

ギフの個体数が多いが撮影者の数も多い。吸蜜源がスミレのみなので撮影者はそこに集中。留った瞬間に何かの記者会見よろしくシャッター音が鳴り響く。自分は魚眼にストロボで飛翔を狙う。他の撮影者は飛翔を狙わないので飛んでいるギフは撮影し放題。

b0089049_2274928.jpg

ギフチョウの飛翔 F100 シグマ15㎜魚眼 F11 1/250 ストロボ ベルビア100

b0089049_228689.jpg

ギフチョウの飛翔 F100 シグマ15㎜魚眼 F11 1/250 ストロボ ベルビア100

b0089049_2285423.jpg

ギフチョウの飛翔 F100 シグマ15㎜魚眼 F11 1/250 ストロボ ベルビア100

b0089049_2291419.jpg

ギフチョウの飛翔 F100 シグマ15㎜魚眼 F11 1/250 ストロボ ベルビア100

下の二枚はギフチョウが青い物に来ると言う生態を狙ってみた。やはりギフ採集に青いネットを使うのはまじない的な物だけでないと言うことが判る。

b0089049_22105843.jpg

ギフチョウ F100 トキナー100㎜ F4.5 AE ベルビア100

さて、びっくりしたのがネットを構えた面々が闊歩していた事。見た瞬間につい「おいおい良いのかよ?」なんて声に出してしまいました。よく見てみると腕章を付けていて調査採集の許可を得ている方々だった。

b0089049_2217466.jpg

ギフチョウの交尾 GR-D AE
実は交尾も撮影できた。山腹で数名の撮影者が三脚を構えていたので何をしているのかと思ったら交尾を撮影していた。邪魔にならない様よけて通り過ぎようとしたら「撮らないのかい?」と声をかけてくれた。「自分達はもう撮影したので良いよ」と場所を空けてくれ撮影することが出来た。こう言った所で石砂山が非常にいい場所だと言う印象がさらに強くなった。

非常に充実した撮影行だった。

帰りは山麓に居た叢雲さんと途中まで一緒に帰りました。誰かと歩くと、長い道のりも少し短く感じました。

霧島緑さん・叢雲さんありがとうございました。
[PR]
by usubasiro2 | 2007-04-01 22:21 | フィルム撮影