<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

逆光

b0089049_1263720.jpg

キチョウ D2H シグマ15㎜魚眼 F13 AE 

b0089049_1281758.jpg

モンキチョウ D2H マクロアポランター125㎜ F5.6 AE

b0089049_129241.jpg

ツマグロヒョウモン D2H マクロアポランター125㎜ F4.5 AE

と言う訳で逆光のみでまとめてみました。シロチョウ類は逆光で撮影するととても良い具合の画になります。縁に毛が有る蝶だと逆光に毛が映えてとても綺麗です。

自分は逆光の場合+1の補正をかけて撮影しますが、このカメラはお利口さんで逆光の場合も補正無しで適正露出でした。
[PR]
by usubasiro2 | 2006-10-29 01:41

10月20日 大道周辺

b0089049_13103684.jpg

イチモンジセセリ GR-D ワイコン F8 AE
b0089049_13111251.jpg

イチモンジセセリ GR-D ワイコン F8 AE
GR-Dにワイコンを付けスナップ。公園の周りの環境を写しこんだ。

さすがに見られる種類も少なくなってきたが、ツマグロ・イチモンジ・ウラナミシジミはまだ見られる。今日はボロながらもモンキアゲハの姿も見られた。

b0089049_1314374.jpg

モンキチョウの求愛 D2H マクロアポランター125㎜ F5.6 AE
逆光+飛翔写真と個人的にはかなり気に入った一枚。この条件で撮影出来たのは運が良かった。

b0089049_13164559.jpg

モンシロチョウの飛翔 D2H シグマ15㎜魚眼 F13 1/250 ストロボ
[PR]
by usubasiro2 | 2006-10-21 13:19 | デジタル撮影

外付けファインダー

b0089049_22294369.jpg

GR-Dのフル装備(ワイコン+外付けファインダー)

久々に物欲が湧き上がり、気付いたら買っていました。

アベノン21㎜の外付けファインダーです。

GR-Dには光学ファインダーが無く背面の液晶を確認しながら撮影するんですが、野外の直射日光でに視認性があまり良くない。純正のファインダーが有るのですがやや高価。中古品で良いのが無いかと探していたのです。丁度今日立ち寄った「カメラのきむら横浜店」のショーウインドーの中に見つけたのがこのファインダー。このメーカーはレンジファインダー用のレンズとして21㎜、28㎜のレンズを作っていてそれ用のファインダーとして用意されたのがこのファインダーです。28㎜用のファインダーも有るのでそれも今探しています。

こんな風に色々なオプションを追加したりして『遊び』が出来るのもこのカメラの魅力だと思います。

全く昆虫撮影には必用がありませんが・・・・・・・好きなんです。

外付けファインダーとかそういうのが・・・・
[PR]
by usubasiro2 | 2006-10-18 23:12 | 機材関連

10月15日 大道周辺

b0089049_1695514.jpg

ツマグロヒョウモン D2H マクロアポランター125㎜ F5.6 AE
裏面から捉えた写真。久々にこのアングルから撮影できた。

b0089049_16104983.jpg

モンシロチョウ D2H マクロアポランター125㎜ F4.5 AE
やや逆光ぎみの中で撮影。透ける羽が美しい。

b0089049_16113442.jpg

ヤマトシジミ D2H マクロアポランター125㎜ F8 AE
メスの姿が見られない。オスは多いようで、低温気特有の濃い空色の翅を輝かせていた。

朝から曇り気味で風が強い。体調もあまり良くないので撮影する気も起きず30分ほど撮影して終わり。ヤマトシジミはメスの姿が見られず青いメスはお預け。いつも通っている、この畑のポイントではなく民家周辺を狙った方が効率がいいかもしれない。
[PR]
by usubasiro2 | 2006-10-15 16:18 | デジタル撮影

コスモスとツマグロヒョウモン

b0089049_2324335.jpg

ツマグロヒョウモン D2H マクロアポランター125㎜ F5.6 AE

b0089049_232516.jpg

ツマグロヒョウモン D2H マクロアポランター125㎜ F5.6 AE

秋は本当にいい時期です。

遠出しなくても綺麗な蝶と花が揃っているんですから・・・・

もう少しすると青森には敵いませんが青紋が美しい低温期型のヤマトの♀が出始めます。また集団越冬をするムラサキツバメの姿も見られるかもしれません。

蝶とは違いますがカマキリやキリギリスなど虫の目で撮影すると面白そうな昆虫もこれからが本番です。

本当に秋はいい時期です。
[PR]
by usubasiro2 | 2006-10-11 23:44 | デジタル撮影

10月9日 大道周辺

b0089049_20273573.jpg

アカボシゴマダラ D2H トキナー90㎜ F4 AE

b0089049_2028883.jpg

アカボシゴマダラ GR-D F4 AE ワイコン

もう家の周辺では発生は終わりかと思っていましたがいました。もうそろそろ今年の発生も終わりかと思います。

b0089049_20324739.jpg

ヤマトシジミ D2H トキナー90㎜ F4 AE
低温期型はまだ出てないようだ。

b0089049_20341929.jpg

ツマグロヒョウモン D2H シグマ15㎜魚眼 F13 1/250 ストロボ

風が強くて撮影がし難く、1時間ほどで終わり。
久々に虫の目レンズでも撮影した。

b0089049_2041388.jpg

b0089049_20415826.jpg

b0089049_2042173.jpg

b0089049_20424431.jpg

ミツバチ D2H 虫の目レンズ ストロボ
[PR]
by usubasiro2 | 2006-10-09 20:43 | デジタル撮影

10月8日 大道周辺

b0089049_149479.jpg

ツマグロヒョウモン D2H シグマ15㎜魚眼 F13 1/250 ストロボ
広角で撮影。アンダー目の露出にセットして秋の青空の深さを増させた。

b0089049_1410529.jpg

ツマグロヒョウモン D2H マクロアポランター125㎜ F4.5 AE

b0089049_14114855.jpg

ツマグロヒョウモン D2H マクロアポランター125㎜ F4.5 AE
逆光+後ろの円形ボケを生かした2枚。縦位置の画はコスモスがクセの有るボケになってしまった。

10月に入り初めての撮影となる。

先週の始め頃から咲き始めたコスモスが気になって仕方が無かったので今日は地元で撮影。まだ満開までは行かないもののそこそこ咲いている。背景を上手く選び、絞りを開けてやるとコスモスのピンクや赤、白などのボケが重なって非常に綺麗に撮影できる。今回は90㎜ではなく125㎜を使用。やや焦点距離が長いのでボケも大きくなる。

b0089049_14121942.jpg

ツマグロヒョウモン D2H タムロンMF180㎜ F4.5 AE

b0089049_14124262.jpg

ツマグロヒョウモン D2H タムロンMF180㎜ F4.5 AE
キバナコスモスももう終わりかけ。今年最後になるであろうキバナコスモスとツマグロの姿を収めた。

b0089049_14211394.jpg

キタテハ D2H シグマ15㎜魚眼 F13 1/250 ストロボ
昨年魚眼を購入した時の初撮影みたいな写真が撮影出来た。

b0089049_14262457.jpg

モンシロチョウの求愛 D2H シグマ15㎜魚眼 F13 1/250 ストロボ

b0089049_1427227.jpg

モンキチョウの求愛 D2H タムロンMF180㎜ F4.5 AE

シロチョウ類も秋になると数を増す。今回は2種類の求愛追尾を撮影する事が出来た。

b0089049_1428371.jpg

ヒメアカタテハ D2H シグマ15㎜魚眼 F13 1/250 ストロボ

b0089049_1429887.jpg

ヒメアカタテハ D2H マクロアポランター125㎜ F4.5 AE

b0089049_14294764.jpg

ヒメアカタテハ D2H マクロアポランター125㎜ F4.5 AE
こういった季節の花が入った写真も好きだ。

b0089049_14373348.jpg

ナミアゲハ D2H マクロアポランター125㎜ F4,5 AE

残念ながらアカボシゴマダラの姿は見られなかった。しかし先日母が海の公園の近くで目撃したそうなのでまだ居なくなったというわけではないだろう。

コスモスと秋型のタテハ類は非常に良い組み合わせ。まさに日本の秋と言った感じで情緒が有ると思う。これから11月上旬までコスモスとタテハ類の組み合わせは楽しめそう。もう少し経つとキクの花が咲き始めこれにも生き残りのタテハ類が来る。
[PR]
by usubasiro2 | 2006-10-08 14:44 | デジタル撮影

早一年

b0089049_22101819.jpg

ウラギンヒョウモン D2H シグマ15㎜魚眼 F14 1/250 ストロボ
(入笠山にて8月撮影)

10月でブログを始めてもう一年になります。

始めた頃は「こんなブログ覗いてくれる人が居るのだろうか?」と不安になりましたが、最近では多くの人に見てもらう事が出来、自分の撮影した写真を見てもらうという初めて頃の目標は何とか達成されたかもしれません。

撮影環境もかなり変わりました。昨年までは殆どをフィルムで撮影し一部をデジタルで撮影していましたが、今ではほぼ全てがデジタルカメラによる撮影になりました。そのお陰か飛翔写真や虫の目レンズなどフィルム時代にはコストの面で考えられなかった撮影の多くが可能になり自分でも満足しています。

皆さんのブログを見ると珍品・美麗種がたんまりと掲載されていて、それを見て自分も遠くへ行きたいなぁなんて思いつつも、地元で撮影を行い自分はこれで良いんだと再認識したり、マイナーなレンズや機材のレビューを好き放題書いたりと自分のやりたい事は結構出来たような気がします。

もうシーズンオフ近いですが、残り少ない時間を有意義に使って色々な撮影に取り組めたらと思っています。
[PR]
by usubasiro2 | 2006-10-05 23:05 | 雑記