カテゴリ:デジタル撮影( 154 )

【キリガ?】2月28日横須賀【いいえシャクガです】

b0089049_23121616.jpg

スモモキリガ 某本の表紙をパクッて影響を受け撮影。けっこう気に入っている。

昨日に続き蛾の採集へ。
昨日に比べ風は穏やか、心なしか気温も高く感じる。

待っていると幾つか飛来!

b0089049_23164084.jpg


b0089049_23165269.jpg

アトジロエダシャク

ヤガか?と思っていたのですがアトジロエダシャクと言う種類で、初見では分り辛い蛾だととの事。
けど、けっこう渋い感じの模様がカッコいい。早春の蛾でした。

b0089049_232058100.jpg

トギレフユエダシャク

今回はアトジロエダシャク等含め2桁は行かないもののシャクガ尽くしの採集であった。
キリガも採集したい!
[PR]
by usubasiro2 | 2016-02-28 23:23 | デジタル撮影

1月17日横浜南部

b0089049_16232620.jpg


この間ちょこっと書いたウラゴマのポイントに行ってきた。
昨年の5月に行ったきりであったが、入り口の上り坂から様子がおかしい。
木が伐採されやや暗かった林が明るくなっている。

もしやと思いポイントまで行くとこんな感じ。
整備されて市民の森になるそうです。

明るくなった林にはアカシジミやウラナミアカが増える傾向にあるが、若い林ではないのでいかに?と言う感じである。ウラゴマの食樹のあった場所は削られており確認もする気が起きませんでした。

b0089049_16335071.jpg


まぁ時期が来たらもう一回位は見に行ってみましょう。
[PR]
by usubasiro2 | 2016-01-17 16:34 | デジタル撮影

12月27日猿島

b0089049_16123883.jpg

猿島の発電所より

本日は猿島へ継続しているアサギマダラの幼虫の調査。
前回訪れた時から一ヶ月ほど経過しているので幼虫の成長も楽しみである。

船便も今年最後の日という事なので丁度良かった。

今回もゆっくりのんびりな採集行である。
スタンスとしてはシーズン中も大した変わらんなぁ・・・趣味なのでせわしないスケジュールではなく、あくまでものんびりだ。

過去に確認した場所は食痕を残し幼虫の姿は無く、帰りの船を待つ間に近くのキジョランの葉をひっくり返すと・・・

b0089049_16234881.jpg


「おりましたがな」


現在12時37分・・・もう、12時45分の船はどうでも良い!!やっと見つけたのだ。
船の事なんぞどこかに吹き飛んでひたすらシャッターを切る。

b0089049_1620319.jpg

更に近くの葉にももう一頭。こちらはやや小さい個体だ。

b0089049_16251425.jpg

カラフルで面白い。前回の幼虫がそのまま大きくなった様だが、恐らく別個体であろう。

b0089049_16261173.jpg

蛹の殻も二つほど発見したが、中身のある蛹は見ることが出来ず。

b0089049_16305631.jpg

13時30分十分堪能し、45分の船で引き上げるのであった。

今年のアサギマダラ探索はこれにて。
もう一発房総半島オオキンカメに行きたいなぁ・・・連敗中のタテジマでも良いけど。
[PR]
by usubasiro2 | 2015-12-27 16:35 | デジタル撮影

12月20日横須賀

b0089049_21204128.jpg

タイワンリス 木から木へ飛び移る。

昨日19日は忘年会。
蝶仲間とダラダラ飲んで標本のやり取りしたりしてました。

本日は朝から部屋の掃除をしたり座布団を干したりして、午後からちょっとばかしタテジマ探索。
結果は完封nullでございます。

大量のタイワンリスを見ながら探しておりましたが影もありません。
もしやタイワンリスの餌食に?

b0089049_21271581.jpg

こんなのが木の上を忍者の如く飛んだり走ったり。
今度の週末はオオキン狙って房総行ってみようかね。

b0089049_2129596.jpg

DDG-89 マスティン イージス艦ですなぁ・・・
[PR]
by usubasiro2 | 2015-12-20 21:30 | デジタル撮影

11月29日横須賀

b0089049_10535278.jpg

キチョウ

色々ありまして更新が遅くなりました。
日付は間違いございません。

先週の事を書きます。先週は横須賀にタテジマカミキリを探しに行って来ました。
ホストのカクレミノは見つけたものの結果はNULL!う~む蝶屋の目ですので、カミキリを見つけるのは難しいですな。もう少し視野を広げて虫屋の目を養わなければ。

b0089049_10572023.jpg

生息地?はこんな感じ。

b0089049_1105642.jpg

まぁまぁ・・・
[PR]
by usubasiro2 | 2015-12-06 11:02 | デジタル撮影

11月21日オオキンカメムシ攻略戦

b0089049_19312193.jpg

ムラサキツバメ 虫影写真風に撮影。

今回はプチ遠征で房総半島へ出かけてきた。
狙いはオオキンカメムシ!何度かオオキンカメ採集に三浦半島へは通ったが、僅か一頭(自分の中では大きな一頭)で数がもう少し欲しいなぁ・・・個体変異色々有るじゃない。という欲求を満たすべく多数の個体が生息する房総半島への旅を決めた。

さて、場所は何処にしようか?
今時ポイントって言うのは調べても出てこないもの、ブログコメントを読み解くと「房総半島の海辺の公園には大概生息している」と言うコメントが有ったので、久里浜からフェリーで金谷へ行くとして内房線で更に南下して適当な公園の目星をつけて出発。

ちょっとばかし博打要素の高い採集・・・学生の頃の地図を見てここら辺ならと目星をつけて採集に行ったのを思い出す。あの頃の虫に対するギラつく欲望が戻って来た様だ。昨年までの自分にはそこらへんが足りなかった気がするのだ。

b0089049_2054975.jpg

ムラサキツバメ メスの全開翅は初めて撮影できた。

電車に乗って人気のあまり無い田舎の駅に到着しポイントへ。マテバシイが至る所に植えてありムラツバがやたらに多い。オスがメスに求愛する姿も見られた。

個人的に今年の蝶採集は終了しているので採集はしなかったが、ムラツバしか居ないんじゃないか?と言う位だ。まぁ天候や時期により個体数は上下するが、ここは多い印象だ。

暫く歩き葉の裏を探すが居ない・・・オオキンが居ないのだ。
こりゃあ失敗したかな?なんて思いながら裏を見ると・・・・

b0089049_20191259.jpg

オオキンカメムシ

「おりましたがな」

そう呟き、思わずニヤリと笑う。
一頭を取り込もうと他の枝にも注意を払うと・・・

b0089049_2027359.jpg

ここにも

b0089049_2027201.jpg

ここにも!しかも集団だ!(最大4頭の集団でした)

もう笑いが止まらない!取り込む!取り込む!
やや強い日差しの下、一人カメムシをタッパーに取り込み笑っていた。

b0089049_20291365.jpg

オオキンカメムシ 下草に来た個体を撮影。可愛らしい顔だ。

b0089049_2030571.jpg


b0089049_20301773.jpg

クロコノマチョウ 落ち葉の下に降りた姿はまさ枯葉。

嬉しい事に更に散策すると巨大な蝶が。クロコノマチョウであった。破損が酷いが、その破損が更にカモフラージュになっている。一瞬目を離すと分らなくなってしまう位だ。まずカメラマン達は嫌うような破損個体でもこう言った見方だと非常に面白いのだ。

b0089049_20334136.jpg

もう満足だ。

東京湾から富士山を見ながら休憩し、帰ろうとするとしたが、先程まで居なかった樹上にもオオキンが。長竿を駆使して採集しまくる。タッパーも一杯だ。これでおしまい。

b0089049_2037451.jpg

護衛艦きりしま

b0089049_20381440.jpg

護衛艦ゆうぎり

帰りはいつもの場所で艦船の撮影をして帰宅。
大満足の一日だった。
[PR]
by usubasiro2 | 2015-11-21 20:41 | デジタル撮影

11月15日横須賀

b0089049_20575155.jpg

ヤマトシジミ 時間が遅かったのと気温が低かったせいか大人しかった。

ここ最近週末は悪天候が続いてちょっとばかし気分が滅入るが、本日は午後から日が差してきたので少し出かけてきた。

やはり日が出てくるとこの時期でも暑い。厚着で来てしまったが、汗でびしょびしょだ。

本日は蝶が滅法少ない。これだったら本当に家の近くでも良かったかな?と思いつつ椿に来るハチやアブ等チマチマ撮影。

b0089049_2144796.jpg

アシナガバチ

b0089049_215770.jpg

アブ

b0089049_2164019.jpg


b0089049_217986.jpg

ヨコヅナサシガメ幼虫

こんなものだろう。
日が落ちるのを待っていつもの場所に移動。

b0089049_2192068.jpg

ときわ
b0089049_2194086.jpg

ときわ
b0089049_2110151.jpg

しらせ

少し遅い時間まで撮影しておりました。
[PR]
by usubasiro2 | 2015-11-15 21:11 | デジタル撮影

11月7日横須賀→帰宅→猿島→走水

b0089049_9181476.jpg


b0089049_9182988.jpg

アサギマダラ幼虫2点 よく見ると面白い

アサギマダラの幼虫の経過が気になり猿島へ。
本日は横須賀産業祭りのお陰で猿島行きの切符が半額なのでやや人が多い。

b0089049_9212738.jpg

アオバハゴロモ

b0089049_9221850.jpg


b0089049_9223964.jpg


b0089049_9225797.jpg

ホウジャク D4で撮影。腹部の毛が剥げてきている。もう成虫の時期もおしまいみたいだ。

前回産卵を確認した場所に行くとキジョランに幼虫が二頭。前回卵だった個体、そしてこの間の幼虫両方とも成長していたようだ。TG-3の深度合成を使い撮影。まぁ見れる画質だ。

この島は前回も書いたがコゲチャサビカミキリの多産で知られた島であるが、それを狙ってのカミキリ屋さんに出会った。枯れ竹をポキポキやってハイイロヤハズを探したりしていたが結構厳しそうだった。

残念ながら成虫には出会えずちょっぴり寂しいが猿島を後にした。

b0089049_9322636.jpg

オオキンを探しにいったが結局姿は見られず、走水の神社で猫を撮影して某所で友人と合流して一杯やって帰宅。ミノウスバを一頭見るも逃げられるというミスも犯してしまう。

ちなみにこの日は朝の6時過ぎに汐入の某所で撮影しておりました。
5時起床→6時横須賀→帰宅→猿島→走水→横須賀→帰宅
アホなスケジュールですわ。

b0089049_9371694.jpg

ときわ

b0089049_9383097.jpg

[PR]
by usubasiro2 | 2015-11-08 09:42 | デジタル撮影

11月1日横須賀

b0089049_1910922.jpg

オオキンカメムシ 樹上にはこんな感じで止まっている。

先週悔しい思いをしたオオキンカメムシのリベンジを果たすべく横須賀へ。
先週逃がした場所へ早速向かってみると・・・居りましたがな!!

はやる気持ちを抑え冷静にネットを使って軽く刺激すると「ぽとっ」とネットに落ちた。
もう心臓はバクバクである。憧れの虫がネットの中にいる!!

タッパーに回収して一息・・・持ってきたドーナッツとお茶で一服する。

追加を探す気力も湧いたので探索続行!

b0089049_19394281.jpg

アカスジキンカメムシ幼虫

途中シロダモに集まるアカスジキンカメの幼虫を見つけるもオオキンカメの姿は見れず・・・だが一頭は手中にある。一頭採集しているだけで随分余裕がある。

b0089049_1946479.jpg

タンポポで吸密するベニシジミ・イチモンジセセリ
一つの花に2種類の蝶が止まる光景久々に見た。

b0089049_19515958.jpg

ツワブキ 満開だった。

先程のオオキンカメをもっとよく見ていただこう。

b0089049_19541412.jpg


b0089049_19544930.jpg


b0089049_19551265.jpg


うん、カッコいいなぁ・・・

来週はアサギマダラ追っかけか、更に南下してオオキンカメ探索だな。
[PR]
by usubasiro2 | 2015-11-01 20:02 | デジタル撮影

10月24日猿島

b0089049_1910349.jpg

アサギマダラ ツワブキに止まる。この時期ながらである。

b0089049_19112936.jpg

アサギマダラ 翅が透けツワブキの黄色が見える

以前から気になっていた猿島へ行って来た。
蝶としてはアサギマダラ(かながわの蝶)、甲虫だとコゲチャサビカミキリ(1996年6月の月刊むしの記事に詳しい)が実際に行って見るが一番である。

8:30の始発の船で三笠より猿島へ。釣で有名な様で多数の釣り客と一緒に乗船するのであった。

8時半過ぎの気温は天気が良いとは言えこの時期、やや低めなので蝶の飛び出しは9時から10時だろう。それまでに何かに出会えたらラッキー程度で散策開始。

ツワブキやキジョランの場所など確認し蝶が飛ぶであろう場所をイメージする。初めての場所で昆虫の探索をする際、現れるまでその場所の探索をするのは常識である。それがたとえ人の案内だろうと・・・気温が低いだ、蝶がいないだほざいていたら採れる蝶も採れない。

b0089049_19204426.jpg

ツチイナゴ 海が見える広場にはえていた桑にツチイナゴが来ていた。魚眼を使い海と空を入れる。

b0089049_19243672.jpg

ホウジャク ツワブキで吸蜜

と移動中にふわりと飛ぶ影、アカボシ?と思ったらアサギマダラ。あっと言う間に気の上に飛んで言ってしまった。まぁとりあえずアサギマダラが居る事に安心。

散策路の入り口に戻りツワブキを見ると一頭のアサギマダラが止まっていた。「当り!」である。
自分の認識では関東低地でそこまでアサギマダラを見ることが出来ていない。食草も有るし温暖な気候のこの島が環境的に良いのであろう。

再び散策路を進みキジョランの多い場所に行くとくたびれたアサギマダラが

b0089049_19372016.jpg


ふわふわとキジョランに止まると腹部を曲げ葉につける・・・産卵だ!

b0089049_19412261.jpg


初めて見る産卵だが以前神奈川で撮影したカバマダラの産卵に似る。やはりマダラの仲間である。

b0089049_19513621.jpg



b0089049_19515038.jpg

若齢幼虫

もちろん近くのキジョランには卵や幼虫が。

b0089049_19541739.jpg

アカタテハ こちらも産卵中。

b0089049_1954419.jpg


b0089049_19545897.jpg

ウシカメムシ

b0089049_1958370.jpg

気付けば旧日本軍施設を撮影するのを忘れるくらい昆虫の撮影に夢中になっているのでした。

幼虫の様子を見にまた来たいですね。
[PR]
by usubasiro2 | 2015-10-24 19:59 | デジタル撮影