9月18日 大道周辺

b0089049_1339314.jpg

アカボシゴマダラの飛翔 D2H シグマ15㎜魚眼 F11 1/250 ストロボ

b0089049_13401519.jpg

アカボシゴマダラの飛翔 D2H シグマ15㎜魚眼 F11 1/250 ストロボ
夏型の飛翔には挑戦していなかったので少し挑戦。もう少し天気がよければもっといい画が撮影できたかもしれない。

b0089049_13403852.jpg

手乗りアカボシゴマダラ D2H シグマ15㎜魚眼 F8 1/250 ストロボ
アカボシの人に対する恐怖心は薄いようで落ちた柿の実に来ている個体を手に乗せることも出来た。

朝から小雨がぱらつく天気。曇りになったので昨日購入した180㎜のテストも含め撮影に行く。アカボシは相変わらず柿の木に多く二頭が一つの柿にくっ付いているところも見られた。やや違和感が有る光景だが美しい蝶が気軽に見られる事は嬉しい。

b0089049_13415510.jpg

アカボシゴマダラ D2H タムロンMF180㎜ F4.5 AE -0.7補正

b0089049_13425282.jpg

アカボシゴマダラ D2H タムロンMF180㎜ F4.5 AE -0.7補正

180㎜の最短付近まで寄って撮影した。上の写真は最短までまだ余裕がある。かなり大写しに写るので使い易い。いつも画質のためISO200で撮影しているが、天気があまり良くないせいでシャッター速度を稼ぐ事が出来ない。この焦点距離になってくると最低1/250は切りたい。もう少し天気がよく風が弱ければもっといい画が撮影できたと思う。

b0089049_13523280.jpg

ナミアゲハ D2H タムロンMF180㎜ F4.5 AE
ボケが非常に美しいレンズだと思う。最短付近で撮影するとバックのボケも綺麗に処理できる。前ボケなどを入れればさらに情緒のある画が撮影できるかも。これからが楽しみなレンズだ。
b0089049_1353670.jpg

ナミアゲハ タムロンMF180㎜ F4.5 AE
最短までまだ余裕が有るところで撮影。マクロとしても十分使える。
b0089049_13532650.jpg

ナミアゲハの飛翔 タムロンMF180㎜ F4.5 AE
置きピンで撮影上手い具合に飛び移る寸前の写真が撮影できた。

b0089049_14113068.jpg

イチモンジセセリ タムロンMF180㎜ F4.5 AE
前ボケを入れ撮影。天気がよければもっと良かったのに・・・

b0089049_1435165.jpg

ヒメアカタテハ タムロンMF180㎜ F4.5 AE
好きな一枚。ごちゃごちゃしたバックのボケも長い焦点距離のレンズを使うと綺麗に処理できる。

これからの季節だと彼岸花に来るアゲハ類を前ボケを入れ撮影したら最高なんじゃないかなんて思った。

今年も地元のみでシーズンオフを迎えそうである。その前にキべり・クロツ・ミヤマだけは何とか撮影できたらと思っている。
[PR]
by usubasiro2 | 2006-09-18 14:16 | デジタル撮影


<< ボケの違い タムロン SP 180㎜ F2... >>