私のカメラ 第二回 ペンタックス645

今年の目標ヒメギフチョウは挫折してしまいました。週末しかチャンスが無いのに週末のたびに雨だとかなり苦しいです。

せめてクモツキは見ることが出来なくてもその生息地に足を伸ばせたらと思っています。皆様情報がありましたら提供お願いします。

第二回のカメラはペンタックス645

b0089049_2343322.jpg

ペンタックス645+35㎜F3.5 GR-D F4 1/125 ストロボ
中判カメラを使ってみたい。そう思いながらも資金面でかなり高額なカメラだったために手を出せずにいたカメラである。
そんな矢先にペンタックスからお知らせ。中判(645・67)の値段が値上げされるそうだ。「今買わなくては中古も高くなるかも」そう思い清水の舞台から落ちたつもりで購入したのがこのカメラ。このカメラも「絶版名機」のコーナーで取り上げられていたカメラでキャッチコピーはスーパーフィールドカメラ。

中判にしては軽量で35㎜一眼レフのフラグシップ機と同じくらいの重量。これなら手持ちもガンガン使用出来る。最初購入したのは645本体と120㎜マクロだった。

しかし初めての中判フィルムの装填・浅い被写界深度・いくら軽いといっても中判その重さ(マクロを含めるとかなり重い)にかなりてこずった。

b0089049_23435269.jpg

ツマグロヒョウモンの吸蜜 ペンタックス645 120㎜F4 開放 AE ベルビア
b0089049_23441889.jpg

ツマグロヒョウモンの吸蜜 ペンタックス645 120㎜F4 開放 AE ベルビア
だが現像の上がったポジを見てそんな苦労は吹き飛んだ。息を呑む画というのは正しくこの為に有るのでは?と思わせられるような出来の良さであった。自分が持っている他のカメラよりも一段ほど明るめに測光するらしく逆光でも適正露出で撮影できる。

b0089049_23454234.jpg

マクロ120mm(左) 接写リングセット(右)
標準に一番薄い接写リングを着けると蝶の撮影にも丁度良い。
現行の中判カメラとしてはシステムも充実したカメラでMFレンズもAFのレンズもボディの新旧関係なくAEが使用できアクセサリーも殆どが共用出来る。接写用のアクセサリーも充実しており三枚の接写リングセットやヘリコロイド接写リングの使用で標準でもかなり大写しに撮影できる。その他にカタログ落ちしているがオートベローズが有るらしい。ベローズを付けてみたいので今度探してみようと思う。

b0089049_23464317.jpg

645→67アダプター
こういったアクセサリーにもペンタックスの良心が伺える。
また67のレンズも純正のアダプターを使用すると645に装着できる上にAEで撮影できる。これで67を買っても安心である。(67を買ったときの言い訳)

マミヤも充実したカメラだったが、残念な事にマミヤもカメラ事業からの撤退を発表している。

近いうち645Dが出るらしい。しかし中判をわざわざデジタルで撮影する必要があるのだろうか?フィルム大型フォーマットだからこそ中判の価値があり、デジタルではもはや中判ではないような気がする。

マミヤもZDでこけたから撤退となったのでペンタックスには二の舞を踏んで欲しくないというのが本心だ。
[PR]
by usubasiro2 | 2006-05-22 23:47 | 機材関連


<< F100の不調~再来~ キアゲハの飛翔 >>