保護(笑)を考える

b0089049_1053128.jpg

アクセス解析を見ていると皆さんギフチョウを採りたいみたいですなぁ・・・自分も行きたいですが、ここ暫くは身動きも取れない状態で・・・まぁ一応は厄介事が一つ片付いたので。

自分もポイントを探すのには苦労しました。「新しい昆虫採集案内」や地方同好会誌、過去の採集記録を遡り大体の見当をつけ探しに行く。割に合わない部分も有りますが楽しい!今や情報化社会、初見や採集記録もさっと出てくる良い時代になりました。その分点の採集になり線の採集ではなくなり、その道のりでの発見も少なくなり損をしている気がしますが・・・

そして弊害かそこに撮影屋、採集屋がごっちゃになって集まり「我侭を言っている」状態です。
場所採りで文句を言われる筋合いは無いし、採集禁止の蝶を採っている訳でもないのに俄か自然保護丸出しのコメントは辞めて頂きたい・・・やるんだったら生息状況、生態を実際に目にし観察し、どうすれば増やすことが出来るのかと言う事をやっていただきたい物である。単に可哀想、採集禁止になれば増えると言う物ではないのだ。

保護を訴えるのであれば自分らで下草を刈る、定期的な伐採、林の手入れ等の環境の整備(けして公園化てはいけない)や採集であればメスを採り過ぎない、破損メスはリリース等で次の年に繋ぐ様にすれば良い。採集者の写真を撮影して晒したらり、お役所に持っていって保護を訴えるのは単なる自己満足である。

新潟のギフチョウは長岡市が採集禁止になると言うアホな条例が執行され採集できない状態、しかし有名ポイントである旧越路町では道路拡張でポイントを潰す矛盾だらけ・・・・発注は長岡市だとか。保護種をポイントごと潰すのが一番減る原因なのにねぇ。

今回は出れない愚痴を書かせて頂きました。
保護はもう少し考えてからやりましょう。
[PR]
by usubasiro2 | 2014-04-26 10:43 | 雑記


<< マナーが悪いのは・・・ ギフコレ!~大阪府~ >>