【晩秋】11月17日地元の蝶【強風】

b0089049_1429285.jpg

ヤマトシジミ D4 105mm
低温期の個体は個人的に良い蝶だと思う。

久々に地元の蝶をという事で、家の近くで低温期型のヤマト♀を探しに行って来た。

残念ながら♀は見つけることが出来なかったが、他に秋から冬の蝶が何種類か見られたので掲載していく。

b0089049_1436381.jpg

キタテハ D4 105mm

b0089049_14371396.jpg

キタテハ D4 105mm

まず見られたのがキタテハ、秋型のキタテハは柿のようなオレンジにちょんちょんと打ってある水色の紋が何とも美しい。

b0089049_14392235.jpg

ツマグロヒョウモン D4 105mm

ツマグロヒョウモンも姿を現し、大型の蝶が少なくなったこの時期にこういった蝶が見られるのはうれしいことだ。

b0089049_1441501.jpg

ベニシジミ D4 105mm

日本の蝶では好きな蝶で5本の指に入る蝶。特に第一化の個体と冬直前の個体がすばらしい。残念ながら後翅の水色の紋は少なかった。

b0089049_1444291.jpg

ヤマトシジミ D4 105mm
ネコジャラシで休憩。

強風の中ではあるが、ゆっくり2時間ほど撮影。
だんだん蝶も少なくなってきて冬本番といった感じか・・・三浦半島を南下して低温期ヤマトや、ムラツバを探す時期になってしまった。
[PR]
by usubasiro2 | 2013-11-17 14:48 | デジタル撮影


<< 【シーズン終盤】11月23日低... ぼやき2 >>