ぼやき2

b0089049_2053185.jpg

クロマダラソテツシジミ(2011年撮影)
3週通い逗子に新産地を見つけた。

前回に続いてぼやき。

採集者のマナー云々の話もよく聞くが、撮影者マナーの話でも。

~石砂山~

自分は他のカメラマンがその被写体に向かっている場合今一歩踏み込めない。相手への遠慮も有るし、もしも飛んでしまったら困るなぁと言うのがある。

そんなのお構いなし、人の写真にフレームインしても広角レンズで撮影しようとする人に今年は石砂で出合った。一人は同じ場所でレンズを構え動く様子も無い人、もう一人は止まった蝶で撮影していると近づいてきて広角で撮影し始める人、最終的には枝にぶつかって蝶が飛んでいってしまった。

いい年した人がそんな感じなのだ・・・

誰もがいい写真を撮影したいだろうが、やりすぎじゃない?

最近は魚露目というレンズに取り付けるタイプの広角も出ているので、来年は更に増えるのではないか?と心配になる。

地元の人と話をしていると庭のカタクリを盗まれた、フキの畑に入り踏みにじられた、家の前に駐車されて車が出せない・・・・など等、撮影マナーどころか常識に欠けた行動が目立つ。(採集者の居ない石砂山です)

~白馬~
昨年足を運び多数の成果を残した場所であるが、やはりと言うか・・・

ギフチョウ、ヒメギフチョウの混生地として有名な某所、自分も地名頼りに歩いていい場所を見つけたのだが、カタクリがグチャグチャに踏まれ見るも無残な光景が林床に広がっていた。待望のイエローバンドも見ることが出来たが何とも後味の悪い光景である。

カメラマンブログでは新潟かどこかのポイントで「採集者がカタクリを踏み潰した」などと吐いているが、撮影者しか居ないこの場所では思い切りカメラマンがカタクリを踏みつけて「名作」を撮影しておりました。

============================================

人の事は言いますが・・・と言いたくなります。
[PR]
by usubasiro2 | 2013-10-23 21:28 | 雑記


<< 【晩秋】11月17日地元の蝶【強風】 ぼやき >>