10月7日【最西端】本島帰島~最終日【本島】10月8日

b0089049_11322069.jpg

祖納の海辺 最終日の撮影を終えて海を見ていない事に気づいた。比川の浜も有ったのに・・・タイワンヒメシジミの産地も比川の浜だったなぁ。

休憩を終えて祖納に帰る。

b0089049_1143266.jpg

キタテハ D4 105mm
比川に移動中に撮影。本州では隣人という感じだが、沖縄では迷蝶。
日本の固体に比べれば青い紋の出方や翅の形が違う感じがする。

打ち上げのビールを買いに行くと、いつぞや見たバイクが・・・・と宇良部岳、比川で出会った青年だった。

土産の酒を買いに来たみたいであった。

「いやぁ今日は本当によく会いますね」とお互い笑う。

オリオンの500を一気に呷る。
蝶の撮影後の一杯はやはり旨いっ!

b0089049_11412330.jpg

民宿おもろ 与那国ホンダが近いことも有り蝶屋が集まる宿。民宿に戻り荷物預かり、空港まで送ってもらう。

飛行機に乗り見る見る小さくなる与那国を見下ろす。

宇良部岳、アギンダ、西崎、比川どんどん小さくなる。

鮮烈な太陽の下センダングサで吸密するスジグロカバマダラ、細工物みたいな翅を輝かせていたヤエヤマカラス・・・・・畑で草を食んでいた与那国馬は元気だろうか

また着たい・・・・

いや、また帰って着たい・・・・

戻った石垣は雨、空港からも見えるオモト山に「あの山にアサヒナキマダラが・・・」と思いを馳せる。

与那国からの帰りの機内で今日出会いまくった青年と出会う。
3度ある事は4度ある。

石垣からはANAに乗り換え那覇へ。

那覇空港からホテルに行く途中、奥武山公園から花火が。
大綱引きの祭りがあったらしい、出店もかなり出ていた。

ホテルに帰りシャワーを浴びて、服を洗濯し飯を食いに行きベッド戻ると、もうぐったり。

10月8日 末吉公園

時間的に北部は厳しく、与那国から戻って気抜けしたのかあまり撮影する気もなれず身近な末吉公園へ。

b0089049_13392230.jpg


b0089049_13394324.jpg

末吉宮 何度も末吉公園には来ているが、末吉宮まで上がるのは初めてだ。

b0089049_1343963.jpg

クロマダラソテツシジミ D4 105mm
神奈川では冬場相当撮影した蝶。与那国では数が少なくヒメシルビアやヤマトが多かった。やはり沖縄の超普通種はこの蝶という印象がある。

b0089049_13535281.jpg

イチモンジセセリ D4 105mm

b0089049_13545590.jpg

ヒメイチモンジセセリ? D4 105mm

麟粉が落ちると見分けがつき難い。

b0089049_1481513.jpg

オオゴマダラ D4 105mm

b0089049_1413574.jpg

アオタテハモドキ D4 105mm

b0089049_1485171.jpg

タテハモドキ D4 105mm

普通種達と沖縄最終日を楽しむ。

残念ながらツマベニチョウを多数撮影した場所は工事をしており近づくことも出来なった。

公園と言いつつも裏山に入ればイワカワシジミや近年ではフタオチョウも見ることが出来る。

日当たりの良い場所のハイビスカスにはツマベニチョウ、ウスキシロチョウが吸蜜に訪れ、センダングサにはベニモンアゲハを見ることも出来たし、シロオビアゲハがランタナに来ている。

昼で撮影を切り上げ今回初の沖縄そばを食べ、少し良いANAの飛行機で帰京。

今までスカイマークに乗っていたが、ANAの飛行機の乗り心地のよさに今度からANAで帰ろうか?と思わせさせられた。

今回の土産は新垣ちんすこう。
飲み屋で飲んでいたときに、後ろで飲んでいた客が「新垣ちんすこう」だけは美味いという話をしていたので試しに買ってみたのだが美味い。

~案内~
・島までの行き方
石垣まではANA、JAL等各社が飛行機を出しているが、石垣からは飛行機(JAL)か船便になる。
乗り換えの時間、自分の時間の都合で選ぼう。

・宿
民宿は祖納、比川、久部良等にある。島に到着する場所や、狙う場所によって選ぶと良い。

・島内の交通
バスも有るが本数が少なく、レンタカー、レンタバイクが良いと思う。自転車も借りられるが、起伏の激しい島の上に道も狭いので個人的にはレンタバイクが良いと思います。

・本
スーパー採集ガイド①新・八重山編
古い本だが大まかなポイントが紹介されている。絶版になって久しく見ることの出来る蝶も少々変わっているが、まだ使えるガイドだと思う。

離島大好き採集ガイド沖縄・宮古編
短時間本島による場合、結構役立つ。また最終日は本島でという人にお勧めである。

フィールドガイド 日本の蝶
生態写真で蝶が紹介されているので、撮影した蝶の同定に役立つ。
迷蝶も紹介されているので土着種以外にも使える。

・最後に
初の八重山行きになったが、現地で出会った蝶屋さんのお陰で楽しく過ごすことが出来た。何度も与那国入りしているベテランの最近の盛衰の話のお陰で、見ることの出来る蝶もよく分かった。

タイワンモンシロ・黄色いツマベニ・タイワンシロの♀、蝶だけでなく与那国馬にも乗ってみたい・・・

与那国でやりたい事はいっぱい有り過ぎて今回だけでは消化出来なかった。

また島を訪れるだろう。

照りつける太陽の下蝶が舞うこの島に。
[PR]
by usubasiro2 | 2012-10-14 15:39 | デジタル撮影


<< 11月4日【キタテハ】初冬の蝶... 10月7日【最西端】与那国【2日目】 >>